Windows10&Chrome環境でプロキシを使うなら「Falcon Proxy」がおすすめ

以前に、プロキシを切り替えするChrome拡張と言えば『Switchy Sharp』という記事を書きましたが、最近使おうと思ったら何故か接続できない状況になっていました。

Windows10にしたのが原因なのかもしれません・・・

その時に拾った無料のプロキシが悪かったのかもしれません(無料の串を複数のサイトから調達しました)

結果として、私の環境では『Switchy Sharp』は無理でした・・・けっこう粘ったのですが、刺さって起動してもIPが変わらない状態でした。

他の拡張を試す意味で『Switchy Sharp』の後継『Proxy SwitchyOmega』も試しましたが同じ状況でした。

そんななかで理由は分かりませんが、『Falcon Proxy』だけは接続できました※IP変更も確認済です

Falcon Proxy⇒ https://chrome.google.com/webstore/detail/falcon-proxy/gchhimlnjdafdlkojbffdkogjhhkdepf

ただしIPを偽装したいだけならVPNの方が安全ですし楽ですよ。さっき『Falcon Proxy』で拾った串を使ってたら「不正なアクセス」とかなって一旦削除しましたし・・・

ちなみにVPNの記事はここです

⇒ Chrome拡張 簡単切り替えで無制限で使えるVPN「Betternet」 (まぁ、このVPNも最近は込み合っているみたいですがお手軽ですし)

スポンサーリンク

「Falcon Proxy」の設定の仕方

まずはプロクシを用意します。

串はこちら「CyberSyndrom」⇒ http://www.cybersyndrome.net/ ※接続後「プロキシ検索」をクリック

下記の画像だとプロキシアドレスが「52.17.165.9」ポートが「128」です。

image-5

それをマニュアル構成で下記のように入力して保存します。※ドメイン/ホストは記入なし&オート構成、ダイレクトも触らなくてOKです

image-9

下記の画面が開きますので、新しく作った構成にチェックを入れてから「スピードテスト」をクリックします。※下記の画像で添加をクリックすることで上記画像に戻り、プロクシを追加することが出来ます=串の切り替えもここになります

image-7

速度が出ていますのでプロキシの設定はOK。上記の「プロキシは終了しました」の横にあるスイッチをONに変更します。

image-8

Falcon Proxyの拡張ボタンが青色に変わります=Proxyに接続された状態です

image-6

念のために「確認くん」で確認しましたが変更されていました。

確認くん⇒ http://www.ugtop.com/spill.shtml

image-1

以上です。

スポンサーリンク